2018年7月20日(金)

トランプタワーで火事、1人死亡 消防士4人も負傷
大統領と家族は不在

2018/4/8 9:22 (2018/4/8 9:56更新)
保存
共有
印刷
その他

トランプタワーの火事は住居部分の50階で起き、男性1人が死亡した(ニューヨークのマンハッタン5番街)=AP

トランプタワーの火事は住居部分の50階で起き、男性1人が死亡した(ニューヨークのマンハッタン5番街)=AP

 【ニューヨーク=高橋里奈】トランプ米大統領の自宅があるニューヨーク中心部のトランプタワーで7日夕、火事が発生し男性1人が死亡した。消防士4人も負傷した。原因は不明。大統領は不在だった。ビルからは黒煙が上がり、現場付近は厳戒態勢となった。商業施設と住居からなる高層ビルのトランプタワーはマンハッタン5番街の一等地に立つ。

 米メディアによると火災は午後5時半ごろに50階の住居で起きた。火元の部屋で67歳の男性1人が重傷となり病院に搬送され、その後死亡した。高層階にはトランプ氏の私邸があるが、家族も事故当時タワー内にいなかったため難を逃れた。

 トランプ氏はツイッターに同日夜「トランプタワーの火は消えた」と投稿。消防当局の迅速な仕事ぶりをたたえ、「ありがとう!」と謝意を示した。トランプタワーでは1月にも屋上付近で小規模な火災が発生し、3人が負傷した。

火元となったトランプタワー50階付近=AP

火元となったトランプタワー50階付近=AP

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報