/

この記事は会員限定です

財務省職員、森友側に口裏合わせか ごみ撤去費巡り

「トラック何千台も使ったと説明していいか」

[有料会員限定]

学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、約8億円の値引きの根拠とされたごみの撤去費用を巡り、財務省理財局の職員が2017年2月、「トラック何千台も使ってごみを撤去したと説明してもいいか」などと学園側に持ちかけた疑いのあることが7日、関係者への取材で分かった。

当時、財務省は値引きの妥当性について国会で追及を受けており、売却額の正当性を主張するために口裏合わせを図った可能性がある。大阪地検特捜部も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン