暮らしの情報「やさしい日本語」で 自治体に広がる

2018/4/7 14:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熟語や慣用句を使わない「やさしい日本語」で情報発信する取り組みが広がっている。もともとは災害時に外国人に避難を促すために考案されたが、留学生や技能実習生ら長期滞在者が増えるなか、自治体などが暮らしに関わる情報を伝えるのに取り入れ始めた。住民同士のコミュニケーションでも、なるべく平易な表現を使おうという動きが出てきた。

横浜市は2017年度から、一橋大の庵功雄教授が製作した「書き換え支援システム」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]