小売り外食、インターバル制度浸透 働き方見直し進む

2018/4/7 1:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは6日、2018年の春季労使交渉で経営側と合意した主な働き方改革を公表した。人手確保が厳しいことから魅力的な職場をつくろうと労使が多くの項目で合意している。長時間勤務を是正する勤務間インターバル制度や非正規の待遇を改善しようとする動きが目立つ。

6日発表した中間集計(2日時点)では、UAゼンセン傘下の労組で正社員の賃金体系維持分とベースアップ(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]