/

この記事は会員限定です

ネット広告試練 フェイスブック、国内2社と連携停止

広告効果低下を警戒

[有料会員限定]

米フェイスブックの情報流出問題を巡り、利用者数が約2800万人(月間1回以上のアクセス、2017年秋時点)にのぼる日本でも余波が広がってきた。同社の日本法人は6日、外部のデータ収集会社2社との広告での連携を停止すると明らかにした。膨大な個人情報をもとにマーケティングの精度を高めてきたネット広告が試練に直面している。

フェイスブックは情報流出と世界で強まる世論の逆風を受け、抜け穴になりやすい仕組みや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン