/

この記事は会員限定です

センサー付きルアー開発で起業、スマートルアー岡村社長

挑む

[有料会員限定]

「魚の気持ちが知りたい」。釣り人なら誰もが抱くそんな願いをかなえたいと、スマートルアー(札幌市)を2017年3月に起業した。センサーを内蔵したルアーで釣り場の水温や濁り具合、ルアーのどんな動きに魚が反応したかなどを把握。情報や位置をスマートフォンに表示する。そうしたデータを蓄積、釣果をさらにあげる仕組みだ。

企業に勤めながら、業務に役立てようと通ったビジネススクールで学ぶうち、自らの可能性を試した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン