2018年5月23日(水)

ロヒンギャ難民の遠い夜明け(IN FOCUS)

IN FOCUS
東南アジア
2018/4/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 見渡す限りの斜面に広がるイスラム系少数民族ロヒンギャの難民キャンプ。夕方になると地面から湧き上がるような重低音が聞こえてくる。赤ん坊の泣き声、家族や友人同士の会話、食器が触れ合う音……。折り重なる音の響きは、命懸けで逃れた人々の生存の証しでもある。

 2017年8月以降、ミャンマーの治安部隊による掃討作戦を受け、67万人のロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れた。難民キャンプはバングラデシュ南東部の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報