/

この記事は会員限定です

製鋼資材が大幅高、黒鉛電極・耐火物など2倍 価格転嫁課題に

[有料会員限定]

新年度に入り、電炉など鉄鋼メーカーが鋼材をつくる際に使う製鋼資材価格が大幅に上昇した。鉄スクラップを溶かす時に使う黒鉛電極は前年同期比2倍以上、耐火れんがといった耐火物も2倍近くになった。電炉の製造コストは1~2割上がる計算で、電炉各社は製品価格への転嫁を急ぐ考えだ。中国の需要増や環境規制が理由で、今後も高値が続きそうだ。

電炉は鉄スクラップを主原料に棒鋼などの鋼材をつくる。鉄スクラップを溶かす時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン