2018年11月20日(火)

オトコのニオイ消費熱く 「スメハラ」対策も

消費を斬る
(1/2ページ)
2018/4/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

制汗剤など男性の臭いをケアする日用品の人気が高まっている。「スメルハラスメント」という言葉が浸透し、周囲に「くさい」と思われることを恐れる男性の増加が背景にある。衣料用洗剤やオーラルケアにも、男性向けのデオドラント系商品が続々登場。日用品市場の新たな成長分野として注目を集めている。

スメハラの認知度は3年で倍増

都内屈指の品ぞろえを誇るドラッグストア「アインズ&トルペ新宿東口店」(東京・新宿)。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報