2018年7月20日(金)

イタリア、連立協議行き詰まり EUとの関係悪化懸念も

2018/4/6 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアで新政権発足に向けた連立協議が早くも行き詰まりの気配を見せている。3月4日の総選挙で単独第1党に躍進したポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と、最大会派の中道右派連合がカギを握るが、政策の食い違いなどから連立の枠組みが見通せない状態だ。各党が財政の大盤振る舞いを公約に掲げており、仮に連立政権ができても欧州連合(EU)との関係悪化は必至。伊政局の行方は当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報