2018年9月21日(金)

9/21 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: なぜ再び仮想通貨で不正流出? 3つのポイント
  2. 2位: 「石破氏善戦」で気迷う市場 くすぶる経済対策の思惑[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 小幅続伸、通商懸念後退で 総裁選後に一時下げ
  4. 4位: 総裁選にらみ攻防戦 海外勢、持たざるリスク警戒[有料会員限定]
  5. 5位: 「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,727,266億円
  • 東証2部 98,566億円
  • ジャスダック 101,985億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.92倍15.18倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,674.93 +2.41
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,460 -60

[PR]

マーケットニュース

フォローする

今年の新入社員は何型?(大機小機)

2018/4/6 18:49
保存
共有
印刷
その他

 毎年、この時期になると話題になるのが「今年の新入社員はどんなタイプ」という調査だ。

 シンクタンクの産労総合研究所は、今年度の新入社員を「SNS(交流サイト)を駆使するチームパシュート型」と命名した。

 平昌冬季五輪で日本女子が金メダルを獲得したスピードスケートのパシュート(追い抜き)競技のように、少数の仲間同士でSNSを使って協力し、スピーディーに内定というゴールを目指したという意味だ。

 新入社員や企業の人事担当者へのアンケートから導いた命名だというが、会社側からは「要領はいいが、会社に見切りをつける逃げ足も速いのではないか」とみられているのかもしれない。

 エン・ジャパンの調べでは今年の新入社員には「慎重に空気を読み、出る杭(くい)になりたがらない」「安定したキャリアを望み、私生活を重んじる」などの特徴があるという。

 人手不足が深刻になるなかで、ここ数年の就職戦線は売り手市場だ。就職氷河期といわれた時代に苦労した先輩からみると、今年の新入社員は「苦労知らず」と映るかもしれない。

 ちなみに就職氷河期だった1999年の新入社員は、厳しい指導にも耐え丸洗いOKの「形態安定シャツ型」(当時は現代コミュニケーション・センターの調査)と呼ばれていた。

 一方で会社には、その前の売り手市場の時に入ったバブル入社組もいる。

 バブル末期の91年の新入社員は「お仕立券付きワイシャツ型」と命名された。価格が高くて仕立てに時間がかかるという意味で「形態安定シャツ」とは大違いだ。

 今年の新入社員はゆとり教育を受けた「ゆとり世代」、あるいは高望みや浪費をしない「さとり世代」に属するとされる。

 昨年のサラリーマン川柳(第一生命保険まとめ)では、「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」という先輩と後輩社員の言い合いを扱った作品が第1位になった。

 今、多くの会社は「バブル世代」「氷河期世代」「ゆとり(さとり)世代」の3世代を抱えている。社内の多様な世代がパシュートのように協力して力を発揮できるのが、本当に強い会社なのかもしれない。(琴線)

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム