2018年10月21日(日)

朴前大統領に懲役24年 韓国地裁、巨額の収賄罪

2018/4/6 16:07
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国の財閥から賄賂を受け取った罪などに問われている朴槿恵(パク・クネ)前大統領(66)の判決公判が6日、ソウル中央地裁であった。同地裁は朴被告に懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)の実刑判決を言い渡した。判決は韓国のテレビで生中継されたが、朴被告は欠席した。

検察側は懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)を求刑していた。朴被告は最大財閥のサムスングループから賄賂を受け取ったほか、前政権に批判的な文化人らをまとめた「ブラックリスト」の作成などに関わったとして収賄や職権乱用、強要など18の罪で起訴された。

弾劾訴追され大統領を罷免された朴氏の刑事裁判への国民の関心は高く、一、二審判決のテレビ中継を可能にした昨年の規則改正に基づき、6日の公判は初めてテレビ中継された。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報