/

MRゴーグルで船員訓練、日本MSとJRCS

日本マイクロソフトは6日、現実世界と仮想現実(VR)を融合させる複合現実(MR)ゴーグル「ホロレンズ」を、海運会社の船舶で働く船員の研修に活用すると発表した。海洋事業のJRCS(山口県下関市)と組み、同社が提供する研修サービスにホロレンズを使う。端末を装着すれば海外からでも研修に参加できるようになる。

2019年3月をメドに始める。JRCSは下関市の施設で国内外の船員が船舶での作業をするための研修を実施している。ホロレンズを装着し、翻訳ソフトを使って海外の外国人研修生も参加できるようにする。

20年からはホロレンズを船員が海上で船舶機器の保守・修繕をする際にも活用する。端末を装着すると、機器の上に作業手順が表示される。作業時の負担や人的ミスの軽減につなげる。将来は船舶の自動航行技術にも応用できるか検討を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン