2018年4月26日(木)

サムスン、二刀流の強み メモリー好調続き増益
世界首位の力見せつけ 東芝引き離しか

エレクトロニクス
朝鮮半島
2018/4/6 11:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 韓国サムスン電子の半導体メモリー事業が好調だ。6日、2018年1~3月期の連結営業利益が前年同期に比べて58%増え、過去最高を更新したと発表した。利益の約7割は主力の半導体が稼いだもようだ。18年のメモリー市況は2つの主な製品のうち、フラッシュメモリーが値下がりする一方、DRAM価格は上昇する見通し。二種類のメモリーで世界首位を握り、好不調を補い合う“二刀流”の強みを示した。

 6日発表した連結決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報