2018年4月24日(火)

実質賃金、2月0.5%減 3カ月連続マイナス

経済
2018/4/6 9:04
保存
共有
印刷
その他

 厚生労働省が6日公表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた2月の実質賃金は前年同月に比べて0.5%減った。減少は3カ月連続。名目賃金にあたる現金給与総額は1.3%増えたものの、物価の伸びに追い付いていない。

 現金給与総額は26万6466円だった。基本給を示す所定内給与は24万1532円で、前年同月比0.9%の増加となった。残業代を示す所定外給与は全労働者で1万9787円と、前年同月に比べて1.0%増えた。

 ただ、2月は原油などの価格が上昇し、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く)が前年同月比で1.8%上がった。

 また、2017年度の冬のボーナスは38万654円と、前年度を2.8%上回った。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報