/

西部邁氏自殺ほう助容疑 東京MX子会社社員ら逮捕

1月に死去した評論家の西部邁さん(当時78)の自殺を手助けしたとして、警視庁捜査1課は5日、東京MXテレビ子会社社員の窪田哲学容疑者(45)=東京都江東区福住1=と、西部さんの知人で会社員の青山忠司容疑者(54)=埼玉県上尾市富士見2=を自殺ほう助の疑いで逮捕した。

同課によると、窪田容疑者は西部さんが出演する番組の制作に関わっていた。「先生の死生観を尊重して力になりたいと思った」と容疑を認めている。青山容疑者も容疑を認めている。

逮捕容疑は1月21日、東京都大田区田園調布5の多摩川付近まで西部さんを車で連れて行き、安全帯などを装着させて自殺をほう助した疑い。

同課によると、西部さんが身につけていた安全帯はロープで結ばれ、片方の先端は近くの木にくくり付けられていた。遺体が川で流されないようにするためとみられる。西部さんの口の中には小瓶が入っていた。

西部さんは同日朝、多摩川の水中で見つかり、病院で死亡が確認された。現場近くからは遺書も見つかった。ただ西部さんは手が不自由で、同課は第三者が自殺の手助けをした可能性があるとみて調べていた。

東京MXテレビによると、窪田容疑者は同社から子会社の「MXエンターテインメント」(東京・千代田)に出向中。

東京MXテレビは「当社としては警察の捜査へ全面的な協力をしたうえで、その進展を見守りたいと考えている」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン