/

この記事は会員限定です

「5G」見据え基地局テスト機器 沖縄・マグナデザイン

寡占市場に参入、まず国内通信大手に販売

[有料会員限定]

通信計測器やデジタル放送機器などを開発するマグナデザインネット(那覇市、神山一弘社長)は通信会社の基地局の性能をテストする機器を商品化した。次世代通信規格「第5世代(5G)」の基地局にも対応でき、近く大手通信会社へ数台を販売予定。同機器を扱うのは米欧の2社のみ。マグナデザインネットは国内初の機器開発で寡占市場への参入を目指す。

機器はモバイル端末を模した通信ができる「端末シミュレーター」。1年半前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン