2019年2月21日(木)

「虎屋」の白小豆、群馬の産地守れ 省力化・品種改良に力
(北関東フォーカス)

2018/4/6 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

室町時代創業という和菓子の老舗、虎屋(東京・港)。ここで使われる白あんの材料、白小豆の大半は昭和初期から群馬県内の契約農家が供給している。白小豆がなければ虎屋の和菓子製造が成り立たないほど重要な素材だが、高齢化などで農家数は次第に減少している。伝統の和菓子作りを続けるためにも産地を維持しようと、省力化や品種改良などの取り組みが始まった。

群馬県昭和村にある虎屋群馬農場。「農場」といっても在庫を1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報