/

この記事は会員限定です

受動喫煙対策、東京の区市が独自策 禁煙助成など

[有料会員限定]

東京都内の自治体で、独自の受動喫煙対策が広がっている。調布市は対策に取り組む飲食店の登録制度を設け、豊島区は子育て中の親を対象に禁煙外来の受診補助を2018年度に始める。国や都の規制への動きは鈍いとして先行して実施し、20年の東京五輪・パラリンピックに向け煙のない環境の実現を目指す。

調布市は五輪や19年のラグビーワールドカップ(W杯)をにらみ、「受動喫煙ゼロの店」の登録を1月に始めた。市内には味...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン