大分パルコ跡地、「常に変わる」広場に 移動する樹木
設計業者決定 運営、市民の参加カギ

2018/4/6 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR大分駅前のパルコ跡地(約4300平方メートル)に大分市が整備する「祝祭広場」の設計業者が決まった。移動可能な樹木を配するなど柔軟性の高い空間作りの提案が中心市街地への活性化に寄与すると高く評価された。一方、自由度が高い分、様々なコストも見込まれる。"街の顔"は「どう運営するか」の知恵が問われる場となる。

業者を決定する最終プレゼンテーションが行われた3月24日、公開された大分市内の会場は市民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]