2019年5月24日(金)

秋田公立美術大とJR東秋田支社が連携協定

2018/4/5 22:00
保存
共有
印刷
その他

秋田公立美術大(秋田市)とJR東日本秋田支社は5日、包括連携協定を結んだ。駅を中心としたまちづくり、沿線活性化、授業演習・共同研究、次世代の地域づくりを担う人材育成の4点について協力する。デザインに精通した教授や学生の企画・アイデアを駅舎改装、旅行商品や駅弁の開発などに生かす。秋田県を含む東北地方の発展につながる人材を育てる。

包括連携協定を締結したJR東日本の菊地正秋田支社長(左)と秋田公立美術大の霜鳥秋則理事長(5日、秋田市の秋田公立美術大)

両者は2017年4月に改装開業した秋田駅の計画・デザインなど様々なプロジェクトに連携して取り組んできた。協定により、さらに踏み込んで連携する。

JRが学生の就業体験を、同大がJR社員をデザイン講座・授業にそれぞれ受け入れることで、将来の地域づくりを担う人材を育てる。同支社の協定締結先は国際教養大に続き2校目。

菊地正JR秋田支社長は「デザイン性などは企業の中だけで考えていると範囲が狭い。同大との提携で幅が広がる」と協定の狙いを話した。同大の霜鳥秋則理事長は「学生の若い感性は企業にとって刺激になる。相互に触発されて何かを生み出すことは大学としてもうれしい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報