/

「かおりカメラ」開発、香りをグラフで可視化

香りを瞬時にグラフで「見える化」します――。豊橋技術科学大学やアロマビット(東京・中央)などで構成するコンソーシアムは5日、特殊な膜を使ったセンサーで香り成分を感知し、グラフとして可視化する「かおりカメラ」を共同開発したと発表した。医療分野や食品の衛生管理などに応用できるという。

「かおりカメラ」を日本酒にかざすと、香りが瞬時にグラフ化された(5日、名古屋市中区)

同大が開発した半導体センサーチップに化学物質を感知する特殊な膜を貼り付けた。空気中をただよう複数の香り成分を吸着して感知すると五角形のグラフで表示する。

香りのパターンを蓄積することで、呼気を使った健康診断技術の開発や食品の劣化具合の診断などに活用できるとみている。数年かけて小型化を進め、スマートフォンなどへの搭載も目指す。

開発に関わった同大の沢田和明教授は「香りをかいだときの人間の鼻と同じ仕組みで香りのパターンを示すことができ、様々な分野への応用が期待できる」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン