画面上でICカード読み取り シャープがディスプレー

2018/4/5 19:11
保存
共有
印刷
その他

シャープは5日、画面上にICカードをかざすだけで、決済や個人認証ができる新たなディスプレーを開発したと発表した。タッチパネルの技術を応用し、ディスプレーに情報を読み取るための透明なアンテナを内蔵した。自動販売機に使えば、商品の画像にカードをかざすだけで決済できる。2019年度の量産を予定し、まずATMや券売機への導入を目指す。

タッチパネルに用いる微細な配線技術を活用し、電子決済などに使う近距離間の無線通信に対応しつつ、透明なアンテナを実現した。これまで同様の機能を搭載するには専用のカードリーダーを外付けする必要があった。新型ディスプレーを用いれば、省スペース化や自由なデザインが可能になるという。

ディスプレーの全面にアンテナを搭載した場合、現状では42インチのサイズまで対応できる。「今後、さらなる大型化も進めたい」(ディスプレイデバイスカンパニーの伊藤康尚開発本部長)という。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]