2019年2月19日(火)

オリーブ地鶏いざ普及、香川でブランド化 関西へ販路

2018/4/5 18:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリーブ地鶏、牛・豚に続け――。香川県と県内養鶏農家は県産オリーブの配合飼料で育てた「オリーブ地鶏」を開発し、3月末から販売を始めた。同県はオリーブ収穫量で全国シェア9割を占める。先行する牛、豚に並ぶ新たな食肉ブランドとして普及を目指す。

高松市にあるスーパーのマルナカ「パワーシティレインボー店」(高松市)。手羽先、モモ、キモなど、この大型店舗の専用コーナーに様々な部位のオリーブ地鶏が並んだ。「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報