/

この記事は会員限定です

北朝鮮の対話路線、中国主導も 「6カ国協議」伝達で

(更新) [有料会員限定]

【北京=永井央紀】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との初会談で、中国が求めてきた6カ国協議への復帰を表明した。決裂の可能性がある米朝首脳会談を前に、中国を味方に引き入れる呼び水とする狙い。中朝会談を機に6カ国協議が再開すれば、北朝鮮との対話路線を中国が主導する構図になりそうだ。

トランプ米大統領は3月に金正恩氏との会談に応じる意向を示したが、対北朝鮮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン