/

ヤマト、17年度の宅配便3年ぶり減 荷受け抑制で

宅配最大手のヤマト運輸が5日発表した2017年度の宅配便取扱数は、前の年度比1.7%減の18億3668万個で、3年ぶりに減少した。インターネット通販の普及で荷物の数量が膨らみ、人手不足が深刻になっている。サービス水準の維持が難しくなったことから、運賃を引き上げるなどで個人や法人顧客からの荷受けを減らした。

ヤマトは運賃を引き上げるなどで荷受けを減らした

ヤマト運輸は個人向けの運賃を平均15%引き上げた昨年10月から宅配便取扱数が月次で減少基調に転じ、今年2月には前年同月比10%減と大幅に減った。個人のほか大口の法人顧客約1100社とも個別に値上げ交渉を進め、約4割が契約を打ち切り他社に移った。

一方でアマゾンジャパン(東京・目黒)などは値上げを受け入れ、悪化が続いていた事業採算性は改善へ向かう見通し。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン