2018年11月21日(水)

インドネシアから見た中国長期政権への不安  編集委員 村山宏

ニュースこう読む
コラム(国際・アジア)
(1/2ページ)
2018/4/6 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「これは良いことでもあるが、悪いことでもある」。中国は3月に開かれた全国人民代表大会(全人代)で国家主席の任期を2期10年までとする規制を撤廃する憲法改正案を採択した。これにより習近平(シー・ジンピン)国家主席は2期目が終わる2023年以降も続投ができる。冒頭のコメントは改正の一報を聞いた、あるインドネシア財閥の長老がつぶやいたものだ。この長老は長期政権を志向する習政権に一抹の不安を抱いたようだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報