2018年11月15日(木)

不戦勝の日本トイザらス、日米で明暗分けたもの  編集委員 田中陽

ニュースこう読む
コラム(ビジネス)
2018/4/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国内の全店舗(735店)を閉鎖、米国事業を清算するために破産裁判所に届け出た米トイザラス。

一方、生みの親の破綻となっても粛々と事業を展開する日本トイザらス。

ともにアマゾンなどネット通販の脅威にさらされていることは同じだが、なぜこうも明暗が分かれたのか。

米トイザラスの破綻がアマゾンによる玩具市場の侵食で起きたのは間違いないが、遠因もある。それはリアル店舗同士の闘いだ。1990年代半ばに米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報