/

この記事は会員限定です

[FT]世界の研究者がロボット兵器の軍拡競争に警鐘

[有料会員限定]
Financial Times

人工知能(AI)を用いる兵器の研究センターを開設した韓国科学技術院(KAIST)に対し、世界の代表的なロボット工学の研究者五十数人が4日、いわゆるキラー(殺人)ロボットの開発につながる恐れがあるとして、同院への協力の停止を表明した。

殺人ロボット兵器の規制をめぐる国連会議が9日からスイス・ジュネーブで始まるのを前にしての表明だ。

22カ国が予防的全面禁止求める

すでに22カ国が殺人ロボット兵器の予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン