2018年7月16日(月)

政府が情報セキュリティー対策の「統一基準」見直しへ

科学&新技術
BP速報
2018/4/5 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

 政府のサイバーセキュリティ戦略本部は2018年4月4日、首相官邸で第17回会合を開いた。会合では、中央省庁などの情報セキュリティー対策を規定する「統一基準」の見直し案が提示された。サイバー攻撃が巧妙さを増す実情に対応する。2018年5月ごろにパブリックコメントを集め、夏ごろに同本部で正式決定する予定だ。

中央省庁などの情報セキュリティー対策に関する「統一基準」の見直し案(出所:サイバーセキュリティ戦略本部)

中央省庁などの情報セキュリティー対策に関する「統一基準」の見直し案(出所:サイバーセキュリティ戦略本部)

 見直し案の骨子は4つ。「1. 将来像を見据えたサイバーセキュリティー対策の体系の進化」「2. 政府機関などのサービスの利用者の側に立った対策」「3. 政府機関などの自律的な能力向上への誘導」「4. 多様な業務形態への対応」である。

 このうち「2」では、中央省庁内部だけではなく、利用者の立場で安全性を向上させるための対策を掲げる。具体的には「全Webサイトおよび電子メール通信の暗号化対応の義務化」を明記する。

 日経コンピュータと日本経済新聞社が2017年秋に共同実施した調査によれば、中央省庁のWebサイトのうち8割弱が、暗号化によって閲覧中の盗聴などを防ぐ「常時SSL化」を施していない。統一基準の見直しで暗号化対応を必須とし、Webサイト閲覧の安全性を高める。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年4月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報