/

米政権、貿易摩擦の市場反応に困惑 高官相次ぎ火消し

【ワシントン=鳳山太成】米中貿易摩擦への懸念で市場が大きく反応したことを受け、トランプ米政権の幹部は4日、相次いで火消し発言に追われた。米国が中国の知的財産侵害に対する制裁関税の原案を公表し、中国もすぐに報復措置を公表した。米政府高官は中国を批判しつつも、交渉を通じて制裁発動を避ける可能性に言及した。

米株式市場でダウ工業株30種平均が一時500ドル超下げた4日午前、国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は米FOXビジネステレビで「市場は過剰反応しないでほしい」と呼びかけた。今後数カ月の交渉を通じて最終的に関税発動を見送る可能性は「ある」と指摘した。

ロス商務長官も米CNBCテレビのインタビューで「米市場が(米中の貿易摩擦に対して)こんなに驚くこと自体が驚きだ」と語った。「武力戦争でも最後は交渉で終わる」と強調し、交渉による関税の発動回避に含みを持たせた。

米通商代表部(USTR)高官は4日「中国は(知的財産の侵害について)話し合う機会がある」と述べ、知財対策に取り組む姿勢を示すよう中国に求めた。制裁関税の品目を確定する時期について「明確な締め切りはない」と指摘し、発動を決めるまで交渉の時間を設ける方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン