/

この記事は会員限定です

フィリピンの人気リゾート島、半年間閉鎖 環境汚染を理由に

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】フィリピン政府は4日、観光客に人気のリゾート地である中部ボラカイ島を4月26日から半年間閉鎖することを決めた。期間中、観光客の立ち入りを禁じる。ホテルなどからの排水が海を汚染しているとして、ドゥテルテ大統領が同島を一時閉鎖し、対策を講じる意向を示していた。

ボラカイ島は首都マニラの約300キロメートル南に位置する比較的小さい島で、フィリピン有数の観光地。半年間閉鎖することによる経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン