2019年6月16日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

救命女性に土俵下りる指示 大相撲巡業、市長倒れる

2018/4/5 0:13
保存
共有
印刷
その他

4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われた大相撲の春巡業の土俵上で、あいさつをしていた多々見良三舞鶴市長(67)が突然倒れ、市内の病院に搬送された。

動画投稿サイト「ユーチューブ」に4日投稿された、大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際、土俵に上がる女性(手前)の映像=共同

動画投稿サイト「ユーチューブ」に4日投稿された、大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際、土俵に上がる女性(手前)の映像=共同

会場に居合わせた日本相撲協会関係者や現場を訪れていた地元関係者によると、多々見市長が倒れた直後に、警察官やスタッフらが土俵に上がり、心臓マッサージなどの救命処置を施していた。その中に観客とみられる複数の女性が含まれており、協会側は場内放送で「女性の方は土俵から下りてください」と数回促したという。土俵から下りた女性は医療関係者との情報もある。

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と協会を通じて謝罪のコメントを出した。

大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされており、この慣例に従ったとみられる。

かつて大阪府の太田房江知事が、府内で開かれる春場所の土俵上で優勝力士を自ら表彰することを希望したが、相撲協会側は女性であることを理由に断った例もある。

市によると、多々見市長は意識があって会話はできているといい、命に別条はないとみられる。4日の春巡業は舞鶴市の市制施行75周年を記念して催されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 右膝負傷のため大相撲夏場所を途中休場した大関貴景勝(22)が12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け「一生懸命やって …続き (12日 20:46)

鳴戸部屋の部屋開きで、土俵祭りを見守る鳴戸親方(奥前列の右から3人目)ら(8日、東京都墨田区の鳴戸部屋)=共同

 大相撲の鳴戸部屋の部屋開きが8日、東京都墨田区で行われ、同じ二所ノ関一門の尾車(元大関琴風)、芝田山(元横綱大乃国)両理事らが出席した。土俵祭りの後には大関高安ら一門の関取衆が稽古し、新たな門出を祝 …続き (8日 20:13)

稽古を再開し、四股を踏む白鵬(4日、東京都墨田区)=共同

 大相撲夏場所を右上腕負傷で全休した横綱白鵬が4日、東京都墨田区の宮城野部屋で名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けて稽古を再開し「だいぶ前進した。(病院の)先生には順調にきていると言 …続き (4日 18:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]