米ダウ平均一時500ドル安 米国産大豆・トウモロコシが急落 中国報復関税発表で

2018/4/5 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】経済規模で世界1、2位の大国である米中の間で貿易摩擦が深刻になり、世界経済の重荷になりかねないとして市場では不安感が強まっている。

4日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が取引開始直後に前日比500ドル超下落する場面があった。航空機のボーイング、建機のキャタピラーなど中国事業の比率が高い銘柄の下げが目立つ。中国の上海総合指数も3日続落し、1週間ぶりの安値を付けた。

商…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]