ホテルニューアワジ、岡山に進出 津山で来春開業

2018/4/4 21:53
保存
共有
印刷
その他

ホテルニューアワジ(兵庫県洲本市)は4日、岡山県津山市で2019年春から運営するホテルの名称を「ザ・シロヤマテラス津山別邸」にすると発表した。1974年開業の「津山国際ホテル」を移転新築する施設として、地元経済界や津山市・国等の支援により17年9月に着工した。ホテルニューアワジが岡山県で初めて運営するホテルとなる。

4日、ホテル名を「ザ・シロヤマテラス津山別邸」と発表したホテルニューアワジの木下学社長(右から2人目)=岡山県津山市

津山市の中心市街地に建設中のシロヤマテラスは、3569平方メートルの敷地に地下1階、地上9階建てで延べ床面積8195平方メートル、客室数65室のホテルとなる。建設費は約30億円。津山城跡を見ながら入れる温泉施設や、露天風呂付きの客室、地元の食材を活用した「みまさかマルシェ」なども備える。

淡路島・香川・神戸・京都で計12の施設を運営するホテルニューアワジにとって、初の岡山進出となる。津山市の谷口圭三市長にホテル名を報告した同社の木下学社長は、「津山城の春のにぎわいが年間を通じてあるような、何度も訪れたくなるホテルにしたい」とあいさつした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]