/

この記事は会員限定です

アルミが8カ月ぶり安値 中国減産の見通し外れる

[有料会員限定]

建材や飲料缶に使うアルミニウムの国際価格が下落している。ロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は2月から下げ足を速め、4月上旬時点で1トン1980ドル台と8カ月ぶり安値をつけた。1カ月前より7%安い。3月半ばまで続いた中国の環境規制で供給が減るとみられたが、環境基準を満たした製錬設備への切り替えなどで減産効果への期待が剥落した。

アルミは製錬過程で多量の電力を消費する。中国当局は発電に使う石炭が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン