/

この記事は会員限定です

雑品スクラップ、電炉を悩ます 鉄鋼製品の質低下も

[有料会員限定]

鉄鋼原料の鉄スクラップに非鉄やプラスチックが混ざった「雑品スクラップ」が電炉業界を揺さぶっている。中国が環境保全に向け輸入規制を強化。日本でも廃棄物処理法などの改正で保管や処分の規制が厳しくなる。処理できない雑品が原料に混ざれば鉄鋼製品の品質悪化につながる。選別コストが電炉の収益を圧迫する可能性もある。

銅や鉛、ステンレスなど鉄以外の資源を含む雑品スクラップは、2000年代初めから中国で人気が高ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン