/

この記事は会員限定です

忘れちゃいけない経済政策(4) TPP11

[有料会員限定]

世界の国内総生産(GDP)の13%、貿易額の15%を占める巨大な自由貿易圏――。環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する日本やカナダ、ベトナム、オーストラリアなど11カ国による新協定「TPP11」のことだ。トランプ米大統領が離脱する意向を示し、米国抜きの枠組みで始動するとしても経済面の影響は大きい。3月の署名を経て、年内の発効も視野に入れた各国の承認手続きが焦点になっている。

輸入の牛肉安く

過半の6カ国で手続き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン