初任給9万円上げ 北の達人、若手を獲得

2018/4/4 20:34
保存
共有
印刷
その他

北の達人コーポレーションは新卒の大卒初任給を現行から36%(9万円)引き上げ、34万円にした。2018年4月入社の3人は年収ベースだと前年入社比で108万円増える。事業拡大が続いており、給与を上げて優秀な若手を獲得する必要があると判断した。

厚生労働省の統計によると全国の17年の大卒初任給は20万6100円、道内は19万4100円で北の達人コーポレーションの新卒初任給は全国的に見ても高い水準となる。併せて4月から約40人の総合職を対象に、給与水準を平均21.2%底上げするベースアップ(ベア)も実施する。平均で約86万円の年収アップとなる。

同社の担当者は「社員の士気を高め、長期勤続を促進したい。優秀な人材を獲得し経営基盤を強化した上で、事業拡大に努めていく」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]