イラク日報、昨年3月把握も防衛相に報告せず

2018/4/4 19:40
保存
共有
印刷
その他

防衛省が「存在しない」と説明していた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、小野寺五典防衛相は4日、昨年3月に陸上自衛隊が日報の存在を確認しながら、当時の稲田朋美防衛相に報告していなかったと明らかにした。同省はこれまで今年1月に確認したと説明しており、陸自が約1年間隠蔽していた疑いが出てきた。

陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報について、報道対応する小野寺防衛相(4日午後、防衛省)=共同

陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報について、報道対応する小野寺防衛相(4日午後、防衛省)=共同

小野寺氏によると当時の陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)が昨年3月27日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題を巡る特別防衛監察の調査で発見した。稲田氏は日本経済新聞の取材に「知らなかった。驚き、怒りを禁じ得ない。隠蔽体質だと言われてもしょうがない」と語った。

イラク日報問題は昨年2月に国会で稲田氏が「見つけることはできなかった」と答弁。今月2日に小野寺氏が発見の事実を公表した。4日には大野敬太郎防衛政務官をトップとする調査チームを発足させ、小野寺氏は関係者を処分する可能性を示唆した。

一方、防衛省は4日夜、「保管していない」と説明していた陸自国際活動教育隊の海外派遣時の日報も保管していたと明らかにした。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]