2019年8月20日(火)

トヨタ子会社、中国でHV向け電池生産を倍増

2018/4/4 20:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は4日、中国・江蘇省でハイブリッド車(HV)向けニッケル水素電池モジュールの新工場を建設すると発表した。投資額は約160億円で、2020年前半の稼働を予定。同社の中国での生産能力は、車両換算で現在の2倍の年間約22万台分になる。

PEVEと中国の電池メーカー、湖南科力遠新能源(湖南省)などとの合弁会社「科力美オートモーティブバッテリー(江蘇省常熟市)」の工場の隣接地に2棟目の工場棟を新設する。トヨタは中国でも燃費規制に対応するHV販売を増やす方針で、需要増に応える。

ニッケル水素電池はトヨタのHVに使われており、リチウムイオン電池に比べて使用実績が長い。安全性や動作の安定性が比較的高いとされる。PEVEは国内では宮城県や静岡県でリチウムイオン電池の大幅な増産を計画している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。