/

この記事は会員限定です

天気先読み、食品ロス防ぐ AIが変える農業

ポスト平成の未来学 第6部 共創エコ・エコノミー

[有料会員限定]

日本の全国民が毎日、茶わん1杯分の食品を捨てる量に相当する無駄な食品廃棄「食品ロス」。解決のカギを握っているのは気象予測だ。生産や流通の現場で需給調整するために気象の把握、活用は不可欠という。気象条件に振り回される現状から、高度な先読みで不測の事態を回避できる日が近づいている。

ある食品メーカーの工場。パソコン端末に送られた商品の需要予測を確認した生産管理者は「それほど需要がなさそうだ」と判断、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン