/

この記事は会員限定です

保守系、存亡かけた戦いに 安氏、ソウル市長選に出馬表明

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国で6月13日の統一地方選に向けた与野党の候補者調整が本格化してきた。進歩系の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が高い支持率を維持するなか、保守系野党は生き残りをかけた戦いを迫られる。4日には2017年の大統領選に出馬した安哲秀(アン・チョルス)氏がソウル市長選に立候補を表明した。首都圏の新たな「保守の顔」として再起を図る狙いだ。

「ソウル市長選への出馬を決心した。ソウルを変えれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン