/

この記事は会員限定です

「すき家」など外食、海外出店拡大 訪日客増も追い風

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

外食企業が海外に出店の軸足を移す。外食最大手のゼンショーホールディングスは牛丼「すき家」を中国など海外で国内の10倍にあたる年100店ペースで出店する。リンガーハットは2020年に海外店舗数を現在の3倍の50店に拡大する。人手不足などで国内の店舗網拡大には制約が大きくなっており、製造業に続き非製造業の海外シフトが鮮明になってきた。

ゼンショーホールディングスの主力の「すき家」は現在、国内が約19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン