2019年7月16日(火)

7/16 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  2. 2位: シティ決算が招いた米銀株への不安(NY特急便)[有料会員限定]
  3. 3位: さえない日本株、決算発表が決める年後半の行方[有料会員限定]
  4. 4位: 宝印刷、市場再編が促す変身[有料会員限定]
  5. 5位: 米株高は最後の宴か 長短金利逆転下、金融相場は過熱[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,601.70 -84.20
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,600 -30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月12日(金)14:20

かんぽ生命 不適切販売で時価総額が一時1兆円割れ[映像あり]

トランプ氏 中国に「がっかり」 農産品購入なく不満

7月12日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

営業減益でも株価上昇した銘柄 娯楽・医薬関連 上位に
日本株番付

2018/4/4 14:24
保存
共有
印刷
その他

本業のもうけを示す営業利益。会社推計で18年3月期に営業減益を見込みながらも株価を上げたのはどんな銘柄か。調べてみると、上昇率上位にはレジャー・娯楽や医薬を中心に中長期の成長が期待できる銘柄が並んだ。

時価総額3000億円以上の3月期決算の上場企業を対象に17年3月末から18年3月末の期間で株価上昇率が高い順に並べた。

首位は70%高のオリエンタルランド。前の期の大型イベントの反動で営業利益は11%減を見込むが、新アトラクションなどを通じた中長期の収益拡大への期待が強い。2位のスクウェア・エニックス・ホールディングスも4~20%の減益見通しだが、株価は55%高。据え置き型ゲーム機向けソフトのネット配信という新たな成長分野が買いの手がかりだ。

医薬も上位に入った。3位の小野薬品工業はがん治療薬「オプジーボ」がけん引している。薬価引き下げは逆風だが、世界的に大型新薬が生まれにくくなるなかで、有望な主力薬として注目度が高い。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。