米グーグル、ブラウザー拡張機能で仮想通貨の採掘禁止

2018/4/4 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米グーグルは、同社のウェブブラウザー「Chrome(クローム)」の拡張機能で仮想通貨の採掘(マイニング)を禁止すると2018年4月2日(現地時間)に公式ブログで発表した。仮想通貨の採掘とは取引記録の検証に協力して報酬を得る行為を指す。

Chrome向けの拡張機能を販売・配布する「Chromeウェブストア」では、ポリシーに準拠していれば仮想通貨を採掘する拡張機能の配布を禁止していなかった。ポリシーとは、本来の目的とは無関係な機能をバンドルしないこと。ただ、仮想通貨を採掘する拡張機能の90%はこのポリシーに違反していた。有用な機能を提供するとうたいつつ、ユーザーの同意なしにバックグラウンドで仮想通貨を採掘していた。

こうした悪意ある拡張機能では、報酬は拡張機能のユーザーではなく拡張機能の配布者が得る。しかも仮想通貨の採掘は多くのCPUリソースを使う。ユーザーの端末のパフォーマンスを低下させるうえに電力も浪費する。そのため、Chromeウェブストアでは仮想通貨を採掘する拡張機能の承認を取りやめた。18年6月下旬には仮想通貨を採掘する既存の拡張機能を削除する。

仮想通貨の採掘によるCPUリソースの消費(出所:米グーグルの「Chromium Blog」)

仮想通貨の採掘によるCPUリソースの消費(出所:米グーグルの「Chromium Blog」)

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 白井良)

[日経 xTECH 2018年4月3日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]