2019年6月19日(水)

原燃の再処理工場、安全審査の再開決定 規制委

2018/4/4 10:42 (2018/4/4 11:45更新)
保存
共有
印刷
その他

原子力規制委員会は4日の定例会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、稼働に向けた安全審査の再開を決めた。原燃の工藤健二社長が設備の総点検の状況などを報告し、審査の再開を申請した。同工場では建屋に雨水が流入するなどトラブルが相次ぎ、2017年10月から審査が中断していた。

青森県六ケ所村にある日本原燃の核燃料再処理工場

規制委は報告を確認して再開を判断した。更田豊志委員長は「トラブルを繰り返さないことが一番重要だ」と強調した。

再処理工場は原子力発電所の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出し、燃料として再利用するための中心施設。原燃の施設では、ウラン濃縮工場で排気ダクトが腐食するなど大量の点検漏れも判明していた。規制委は保安規定違反に当たると認定し、改善を要求。原燃は運営管理の体制も見直すとして審査の中断を申し入れていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報