2019年6月17日(月)

リミックスポイント、仮想通貨交換事業子会社の株式を香港企業に売却

2018/4/3 23:34
保存
共有
印刷
その他

システム開発のリミックスポイントは3日、仮想通貨交換事業を営む子会社ビットポイントジャパンの株式20%を香港企業に譲渡すると発表した。香港企業のネットワークを生かし、仮想通貨交換事業のアジア展開を加速する。譲渡価額は50億円程度。

5月中にビットポイントジャパンの株式を香港の投資持ち株会社マディソン・ホールディングス・グループに譲渡する。リミックスによると、マディソン社は中国の大手銀行、中国工商銀行などが株主になっているという。

リミックスポイントは日本のほかすでに韓国、香港などで仮想通貨交換事業を展開している。マディソン社の金融ネットワークを生かし、海外での仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)支援や審査などでも協業する考えだ。 また株式20%を譲渡した段階でマディソン社はリミックスとの合意を前提に追加で最大40%の株式を取得する権利が生じる。このため「最大60%の株式譲渡となる可能性がある」という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報