映画館を復活 人材育成も 映画監督・安藤桃子さん(語る ひと・まち・産業)
ほれた高知 若者を刺激

2018/4/4 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■映画監督の安藤桃子さん(36)は昨年10月、高知市中心部の商店街、おびさんロードに映画館「ウイークエンドキネマM」を開館した。市中心部に映画館が復活するのは2006年以来となる。

「取り壊し予定のビルを何かに活用しないか、と所有する知人から声をかけられた。自分にできるのは映画しかないと思った。父の奥田瑛二が下関で映画館の運営に奮闘する姿を見ていたことも影響した。4年前に高知城近くの城西公園で仮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]