/

この記事は会員限定です

発言権拡大ねらう自民 働き方法案、了承持ち越し

[有料会員限定]

政策決定をめぐり自民党が発言権拡大を狙う動きが目立ってきた。3日の総務会では、安倍晋三首相が今国会の最重要課題と位置付ける働き方改革関連法案の了承を持ち越した。竹下亘総務会長は政府が国会提出をめざす6日までに了承を得る方針を崩していないが、党内の異論にも配慮した。9月の党総裁選をにらみ官邸優位をけん制する狙いも透ける。

3日の総務会。働き方改革関連法案の議論に入ると、総務の木村義雄参院議員らから法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン